あずきたっぷり、まろやか

とても聞き捨てならない情報を耳にした。それは、こともあろうに「あずきたっぷり、まろやか」のキャッチフレーズでおなじみ、泣く子も黙る井村屋 “あすきバー” が昔と比べて甘さ控えめとなり、更に硬さもUPして、世の中の御老人達を困らせているという衝撃の事実なのだ。もし、それが本当ならば、それはそれはケシカランお話と言わざるを得ない。しかし、昔一世を風靡したセクシー路線の歌姫曰く、噂を信じちゃいけないよ?との事であるからにして、私の鋭敏な味覚と強靭な咬合力をもって実証しなければ今回の真相など分かる筈もない。

兎にも角にも、そんな御託を並べている暇など無い。少しで早く結論を導き出さなければ、この先何本の歯を犠牲にするか知れたものではないので、是が非でもこの箱をマッハで開封し、おもむろにあずきバーを鷲掴みにしてはガブリ、そしてむしゃむしゃ、挙句の果てにはゴクリときて、いやはやコレはうめぇ~っ!とやらなければならないだろう。

 

いち早く検証しなくてはならない事を声高らかに宣言した割には、のんびりと開封の様子を掲載するなど言語道断かもしれない。だが、ブログである以上はどうしても必要な場面であり、皆様ここは一つ、あれ?この人左利きなんだ!?みたいな感じで新たな発見をしながら時間を潰して頂ければ幸いである。断っておくが、私は完全無欠の右利きであある。今回は手持ち撮影の為、右手がカメラでふさがっており、仕方なく左手での作業となっただけなのだ。じゃあ、三脚を使えばいいじゃないか!とのツッコミは一切受け付けないので、あしからず。

 

ハイ、ついに容疑者の登場である。

・・・ウム、確かに上品な感じに見受けられる。見た目からは、少なくとも滅茶苦茶甘そうな印象ではない。どちらかというと、あっさりしてそうに思わせる風貌と言えよう。 これは相当ヤバいかもしれない。ハッキリ言って形勢は不利である。やはり、噂は本当なのだろうか。

 

とにかく食べて見なければ何も分からない。

皆様、大変長らくお待たせしてしまったが、ついに全て判明する瞬間が来たようだ。

では、遠慮なく、ガブリ。

結論

えーと。ここまで話を引っ張っておいて誠に申し訳ないが、実は私、あずきバーを最後に食べたのは30年以上前の話であり、当時の甘さや硬さなどは忘却の彼方なのである。言われてみれば、当時よりあっさりしている気もするし、何だか噛み応えがあるような感じもするような。

しかし、そんな昔の記憶を遡らずとも、確かに今のあずきバーは甘さ控えめであり、うっかりすれば歯が折れてしまうのではないかと疑う程に硬いのは事実である。だが、久しぶりに食べてみて分かったこと、それは、このあずきバーをおもむろに鷲掴みにしてはガブリ、そしてむしゃむしゃ、挙句の果てにはゴクリときて、いやはやコレはうめぇ~っ!とやることは、一匹の獣として快楽至極に尽きる事だ。

なるほど、世の御老人たちが自らの咬合力を誇示せんばかりとカブりつく訳である。

私がそうであるように。

関連記事

  1. 男飯レシピ 其の弐「桃色ソーダ 乙女割り」

  2. 男飯レシピ 其の壱「大目玉丼」

  3. 禁忌の食材

  4. 原産国表示について考えてみる。

  5. Mono Ludens Blog

  6. シンガポール見聞録

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile

Author : Shigeki

 

元来、活動そのものよりも、むしろ道具集めに熱心なタイプの自称アウトドア派であった。最近は体調不良という理由に託け、休日の度に一日中インドアでダラダラしている男がいたとするならば、それは間違いなく私の事である。

Archives

  1. アウトドアナイフの必要性

    2018.05.01

  2. 男飯レシピ 其の壱「大目玉丼」

    2018.04.27

  3. Japanese Lacquerware「Katawara Bowl」

    2018.04.25

  4. RADIUS №119 Cook Top vol.1

    2018.04.23

  5. TILLEY Triplepan

    2018.04.19

  1. 男飯レシピ 其の参「テキとサシで勝負しろ!」

    2018.05.11

  2. 男飯レシピ 其の弐「桃色ソーダ 乙女割り」

    2018.05.07

  3. シャプトン「刃の黒幕」

    2018.04.05

  4. Nikon D300S

    2018.04.03