男の価値は中身で決まる!

イヤイヤイヤ、やっぱ外見でしょう?と、言う貴方。それは多分、正しい。

まぁ、確かに人が人を判断する際、誰しもがとりあえず顔やスタイルの良し悪しを見ることから始まるのは紛れもない事実。そこで生理的に受け付けない顔立ちや体形だった場合、「うわぁ・・・」なんて思うのも、これまた避けられぬ事。ブサイクは三日で慣れるとは言うものの、あくまでその境地に至るまで我慢出来ればの話であり、大概の場合、中身を評価される前に選考外の烙印を押されてしまうことが世の常なのだ。

しかし、中身の方が大事とされる数少ない例外は、確かに存在する。

それは、悲しいかな、、、財布の中身に他ならない。。。

じゃあ、それすらもミジンコ並みの私は、一体どうすれば良いのだろうか?

このままプランクトンの如くユラユラと漂い続け、挙句の果てには鰯の様な小魚にパクリと食べられて終わってしまうというのか。イヤ、決してそんなことは無い。だって、私の人生を丸飲みにし、未だ消化せずに胃袋の中でじわりじわりとエキスを吸い続けているのは、魚編に弱いと書くような雑魚などではなく、海洋生態系の頂点に君臨し、海のギャングと恐れられる鯱そのものの妻であるからだ

(※本当は、私になど勿体ない大変良く出来た妻だと思ってマス。でも、口が悪くて、おっかないのは事実デス。)

中身が無いならば、ある様に見せれば良いじゃないか!それが私の導き出した一つの結論である。如何に食べごたえがあり、また美味しそうに見せかけるか、それが大物の気を引き付ける秘訣なのだ。よって、財布を人前で開いたときに悟られぬよう、内部の装飾は手を抜かない。普段見えない部分に拘る事こそ「Made in Japan」の真骨頂。

ただし、凝れば凝るほど財布自体の厚みも増してしまう為、携帯性を重視するならば注意が必要だ。

全力でひったくろうとしている人間には、全くもって意味のない強度。それが革製ウォレットチェーンの弱点である。だが、それは誰が見ても分かる事。すなわち、盗られたくないから付けてるんです的なセコビッチ感を与えず、かつシルバー製チェーンが放つ如何にもオラオラなオーラを漂わせないで中身の大きさを引き立たせることが出来るのは、革製において他にない。

ちなみに、女性からすると、チェーンで繋ぎとめたウォレットを尻ポケットに入れるスタイルは好まれないことが多い様だ。しかし、そんな一般論などモノともせず、あくまで自分のスタイルを貫き通して頂きたい。そんな強者こそ革製チェーンが相応しい。

そして、さりげなくシルバーな金具を施すのが粋である。目の肥えた大物であればあるほど、この辺の細やかな箇所を絶対に見逃さない。ここで注意点が一つ。それは、こういった部分をさりげなくチラつかせる様な行為は御法度だ。百戦錬磨の手練れ達は、そんな魂胆など一瞬で見抜いてしまうのだから。

“中身が伴わない高級財布とは、無用の長物以外の何物でもない” と、人は言う。

そんな事、私にだって分かっている。だが、そうやって届かない場所へ手を伸ばし続ける努力、それを笑う権利など誰にも無いのだ。決して諦めずに背伸びをし続け、おぼつかない足元で大地に根を張ろうと歯を食いしばる人間にのみ生み出せる美しい輝き。それは、何時か手に取ってみたいと願っていた、夜空に煌めく星の様な存在。でも、決して叶わない希望。

それでも私は、このまま夢や理想を追い求めていたい。

例えこのまま、なけなしの中身ごと消化されてしまったとしてもだ。

いや、ひょっとすると、コレでいいのかも知れない。

飲み込まれている胃袋からペッと吐き出された時こそ、男の価値が無くなった事を意味するのだから。

関連記事

  1. 男飯レシピ 其の弐「桃色ソーダ 乙女割り」

  2. シンガポール見聞録

  3. 日清カップヌードル「抹茶仕立てのシーフード味」

  4. Japanese Lacquerware「Katawara Bowl」

  5. 男飯レシピ 其の壱「大目玉丼」

  6. あずきたっぷり、まろやか

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile

Author : Shigeki

 

元来、活動そのものよりも、むしろ道具集めに熱心なタイプの自称アウトドア派であった。最近は体調不良という理由に託け、休日の度に一日中インドアでダラダラしている男がいたとするならば、それは間違いなく私の事である。

Archives

  1. アウトドアナイフの必要性

    2018.05.01

  2. 男飯レシピ 其の壱「大目玉丼」

    2018.04.27

  3. Japanese Lacquerware「Katawara Bowl」

    2018.04.25

  4. RADIUS №119 Cook Top vol.1

    2018.04.23

  5. TILLEY Triplepan

    2018.04.19

  1. 男飯レシピ 其の参「テキとサシで勝負しろ!」

    2018.05.11

  2. 男飯レシピ 其の弐「桃色ソーダ 乙女割り」

    2018.05.07

  3. シャプトン「刃の黒幕」

    2018.04.05

  4. Nikon D300S

    2018.04.03