アウトドアナイフの必要性

特に最近は、ナイフみたいに物騒なブツを持っているなんてもってのほか!などと考える方が大多数のようだ。確かに世間を騒がすような事件と直結する危険な道具の代名詞であるし、所持して外出すれば銃刀法違反という立派な犯罪行為になるのだから、不必要な代物と思われても仕方ない。でも私からすると、何故にそこまで市民権が得られないのだろう?と、思わず首を傾げたくなる気持ちが無い訳でもない。あると非常に便利なのだが。実際は。

時に、包丁、ハサミ、爪切り、カッター、これらはみんな刃物の一種。そして、基本的に万能の刃物なるものは存在せず、適材適所というか、その時その時で色んな刃物を使い分けるのが一般的なのだろう。まぁ、ハサミやカッターなんてのは結構利用範囲が広いため、中には包丁代わりに使用するなんて場合もあるようだが。しかし、そんな利便性の高いハサミやカッターであっても、ぶっといロープや枝なんかを切るのには難儀するだろうし、ましてや木をくり抜いて何かをこしらえるなんて明らかに不向きである。それは、包丁や爪切りの様に、ある特定の作業に特化した刃物ならば尚更の事。というか、敢えてそんな効率の悪い使い方をしようなんて、誰も思わないはずだ。

しかし、とある作業を本来の使い方とは異なる刃物で行わなければならない状況になったとしたら、いや、言い方を変えると、非効率的な作業を余儀なくされる状況に備え、皆様は一体どんな刃物を事前に準備しておくべきだとお考えだろうか。安全な家の中で普段通りの生活を送り続けることが保証されるならば、この様な事を考える必要など全くない。けれども、もし・・・という状況を想定するならば、私なら迷わずアウトドアナイフを選ぶだろう。

ただ、一口にアウトドアナイフと言っても、この世界は非常に奥が深い。

その種類と用途については、いずれまた。

関連記事

  1. Japanese Lacquerware「Katawara Bowl」

  2. SIERRA CLUB「Sierra Club Cup」

  3. Nikon D300S

  4. TILLEY Triplepan

  5. 男飯レシピ 其の弐「桃色ソーダ 乙女割り」

  6. 男の価値は中身で決まる!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile

Author : Shigeki

 

元来、活動そのものよりも、むしろ道具集めに熱心なタイプの自称アウトドア派であった。最近は体調不良という理由に託け、休日の度に一日中インドアでダラダラしている男がいたとするならば、それは間違いなく私の事である。

Archives

  1. アウトドアナイフの必要性

    2018.05.01

  2. 男飯レシピ 其の壱「大目玉丼」

    2018.04.27

  3. Japanese Lacquerware「Katawara Bowl」

    2018.04.25

  4. RADIUS №119 Cook Top vol.1

    2018.04.23

  5. TILLEY Triplepan

    2018.04.19

  1. 男飯レシピ 其の参「テキとサシで勝負しろ!」

    2018.05.11

  2. 男飯レシピ 其の弐「桃色ソーダ 乙女割り」

    2018.05.07

  3. シャプトン「刃の黒幕」

    2018.04.05

  4. Nikon D300S

    2018.04.03