武井バーナー「パープル・ストーブ501Aセット」 Vol.1

世の中には、一見するだけでは何に使用するのか分からない、そんな機器類が数多く存在する。キャンプ好きの方ならば誰しもが知っている暖房器具、武井バーナー製造株式会社製のパープルストーブもまた、その一つとして挙げられるのであるが・・・。

 

黄金に輝く真鍮製のボディーには、得体のしれない部品類が所々から顔を出しており、挙句の果てにはメーターというか、何かの値を測定するための計器までもが取り付けられている。この段階では、一体全体何の装置なのかサッパリ見当もつかないだろう。

 

計器の表示をよく見ると、どうやら圧力計の様である。数値を読み取ると、現在0.15MPaもの圧力が掛かっているらしいが、これは圧力鍋の使用圧力より高い値だ。しかも、この機器の標準使用圧力は0.2MPaとの事。ひょっとすると、これはかなりヤバい代物なのではなかろうか。

 

だと思えば、バネみたいなものまであるし、引っ張るのか押すのか結局どうすれば良いか分からないスイッチ風の部品も正体不明だ。更には、開閉のシールまで貼ってあって、本当に何をどうすれば良いのか。とにかく怪しい。怪しすぎる。

 

ハイ、これは大きなヒントでーす! って、誰に対して言ってるのだろう。まぁ、勘の鋭い方ならば、恐らくこの部分でピーンとくるはず。そうですよ~、あの冬場に活躍して~、火を点けて~、周囲が暖かくなるあの機器、そう、ソレだ!

では、お答えください!! って、だ、か、ら、誰に聞いているのかってことですよ。マッタク。

 

つーか、後ろ!ほらほら、燃えてるって、危ないよ、それって火事じゃん!!早く消さなきゃ!!

大丈夫です。これは、炎上と言って、あまり正しくない使用方法の際に発生する誤作動の一種なのですから。ええ、そうですとも、すなわち、世間一般的に言うところのヤバイ状況ですね。などと、如何なる時でも沈着冷静な私。さて、鎮火させましょうか。

 

危機的状況など日常茶飯事なので、この程度の困難を解決する事など赤子の手をひねるようだ。あんなもの、ちょいちょいっと火を消して、もう一回点火すれば、ハイこの通り。今は至って順調な稼働状況である。めでたしめでたし。

ふー、マジで焦ったぜ。

 

という訳で、コレは屋外専用の暖房機器として知る人ぞ知る、武井バーナーのパープルストーブなのであった。こんな回りくどい説明で紹介するのもどうかと思ったが、とりあえず最初なのでこんな感じでOKなのかと。

こういった類のキャンプ道具、当ブログでは今後も数多く登場すると思われるので、その時にでも詳しく真面目に記事を書こうと思う。ただし、ものすごく専門的なことを突っ込まれるとお答えできませんので、御質問のある方が万が一いらっしゃったとしても、どうかお手柔らかにお願い致します。

関連記事

  1. Japanese Lacquerware「Katawara Bowl」

  2. 男飯レシピ 其の弐「桃色ソーダ 乙女割り」

  3. Nikon D300S

  4. TILLEY X246 Porkpie vol.1

  5. アウトドアナイフの必要性

  6. SIERRA CLUB「Sierra Club Cup」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile

Author : Shigeki

 

元来、活動そのものよりも、むしろ道具集めに熱心なタイプの自称アウトドア派であった。最近は体調不良という理由に託け、休日の度に一日中インドアでダラダラしている男がいたとするならば、それは間違いなく私の事である。

Archives

  1. アウトドアナイフの必要性

    2018.05.01

  2. 男飯レシピ 其の壱「大目玉丼」

    2018.04.27

  3. Japanese Lacquerware「Katawara Bowl」

    2018.04.25

  4. RADIUS №119 Cook Top vol.1

    2018.04.23

  5. TILLEY Triplepan

    2018.04.19

  1. 男飯レシピ 其の参「テキとサシで勝負しろ!」

    2018.05.11

  2. 男飯レシピ 其の弐「桃色ソーダ 乙女割り」

    2018.05.07

  3. シャプトン「刃の黒幕」

    2018.04.05

  4. Nikon D300S

    2018.04.03